マリンスポーツ・ダイビングをご紹介しています

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビングの種類

ダイビングと一言で言っても、色々な方法があります。その方法をご紹介してみましょう。

体験ダイビング

体験ダイビングはダイビングのライセンスを持っていない人でもダイビングが出来る物です。インストラクターの人と一緒に行います。ダイビングのショップなどで行う事ができます。とてもお手軽にできるので人気があります。
ですが、ライセンスを持っていないので、色々と条件があります。
まずは、インストラクターの人と必ず一緒でなくてはいけな。
潜る事ができる水深が決まっている(12mまで)等々です。

体験ダイビングの時はだいた、砂浜から海に入って、それぞれのレベルに合った場所でダイビングを行います。ずっとインストラクターの人が付いていますので、安心をしてダイビングを楽しむ事ができます。

まだダイビングをした事が無い人で、ダイビングに興味がある人は、この体験ダイビングを体験してみるといいかと思います。
実際にダイビングをする前には、色々と海中の様子を想像すると思います。実際にダイビングをしたら、自分の想像よりも遙かに海中は素晴らしい物だという事が分かります。
これは実際に体験してみないと感じる事が出来ないと思います。

体験ダイビングをする時には、のようにショップ選びが大切になってきます。
ショップによって、体験ダイビングの始め方や、実際のダイビングの感じや、ポイントなどが違ってきます。
しっかりと、ショップの事を調べてから申込みをすると良いと思います。

ファンダイビング

ファンダイビングはスキューバーダイビングで海に潜る事の事を言います。ファンダイビングをすると、周りすべて海の世界に入る事ができます。
ですが、このファンダイビングをする為には、Cカードと言うライセンスを取得しないと行う事ができません。

海の中と言うのは、陸よりも遙かに危険な場所なのです。
貴方が周りに何もないすっごく広い場所に3時間いるとします。しかし、たいした危険は迫ってこないと思います。来るとしても風で飛んできた何かぐらいでしょう。ホコリとか、葉っぱとか・・・
しかし、水中で3時間何もない同じような条件にいたとしても、大変な危険が迫ってきます。それは酸素がなくなると言う事です。
普通は、ダイビングをしてボーとしている人は絶対にいなと思いますので、さらに危険は近づいてきます。
ですので、最低限の知識が必要となるのです。

ファンダイビングでの、海に入り方ですが、体験ダイビングと同じようにビーチから入る方法や、ボートで沖まで行って直接海に入る方法などがあります。
また、一回で潜れる時間が30~45分ぐらいで30mぐらいまで潜る事が出来ます。

さらに、夜に潜る事ができるナイトダイビングや、潮の流れに体を任せて漂うドリフトダイビングと言うものもあります。このように、Cカードを取得していると、ダイビングの楽しみ方が広がるのです。

シュノーケリング

シュノーケリングは、ダイビングを簡単にしたようなもので、マスクとフィンとシュノーケルの3つを使って潜ります。ファンダイビングとは違って大きな器材が必要としないので気軽に行う事が出来るのも魅力の1つです。
とても手軽に行う事が出来るシュノーケリングなのですが、シュノーケルに水が入ってしまった時にパニックになってしまって、おぼれると言うケースもあります。
これは、大人、子供関係なくあり得ることですので、シュノーケリングをする場合には、しっかりと練習をしておく必要があります。

recommend

有田焼 通販
http://showkado.jp/

最終更新日:2016/4/26

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 やっぱり海がすき  All rights reserved