マリンスポーツ・ダイビングをご紹介しています

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビング時のトラブル対処

ダイビングは楽しいスポーツですが、常にトラブルと隣り合わせなスポーツでもあります。ですので、きちんと安全を確保しながら、トラブルが起こってしまった場合の対処法を、正しく身につけておかなければいけません。
ダイビングをしていて、トラブルに遭ってしまったら、まずは落ち着く事が大切です。ちいさなトラブルでもパニックになってしまって大きな事故に繋がる事もあります。ですので、海の中では常に冷静に入れるように日頃からトラブルの対処法をしっかり身につけておきましょう。又、海の中では自分の身は自分で守らないといけないと言う心構えも大切です。

窒素酔い

普段私たちが陸で生活をしている時には、窒素は血液の中にそんなに溶け出していないので気にしなくて良いのですが、水中に潜って周りの気圧が高くなってくると窒素が血液の中に溶け出してきてしまいます。
そうなると、お酒を飲んだ時のように、酔っぱらった症状が出てきます。
ダイビングをしていて、30mぐらいよりもさらに潜ると窒素は血液中に溶け出します。この窒素が大量に溶け出して来ると麻酔をしたような状態になります。そのせいで酔っぱらったような状態になりのです。
これが窒素酔いと言われている物です。
窒素酔いは、体質やその日の体調によって出てくる頻度が違います。窒素酔いは自覚があまりないですので、注意が必要なのです。
もし、ダイビングをしている時に窒素酔いかな~と思ったらまずは浅い場所に移動しましょう。
それでもおかしいと思ったら、すぐに陸に上がります。そして、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

減圧症

海の中は陸とは違って、かなりの水圧を受けています。ですので、ダイビングで使用する酸素ボンベには酸素が高圧で入っています。
もちろん、潜れば潜るほど、水圧は高くなります。水圧が高くなってくると、自然と空気を吸う量が増えてきます。ですので、タンクに入っている空気を沢山吸う事になります。
しかし、それでどうにかなると言う訳ではありません。なぜなら、普通、水面に上がる時にはゆっくりと浮上をします。さらに途中で休憩をしながら上がっていきます。こうやって、肺の中の空気の圧力を調整していくのです。ですが、急に水面に上がってしまうと、肺の中の空気の圧力の調整が間に合いませんので、窒素が気泡となって、体の細胞に悪影響を与えたり、壊したりするのです。
そうなると、陸に上がった時とても疲れていたり、間接が痛かったりもしますし、皮膚がかゆかったりもします。
酷い場合には、肺が破裂してしまい、大変危険な状態になってしまいます。
ですので、減圧症になってしまったら、すぐに専門の病院に行って、再圧器に入り、人工的に体に圧力を加えて、ゆっくりと体の中にある窒素を体外に出していくのです。
減圧症は、浮上する時に発生してしまう症状ですので、減圧症にならないためにも、潜っている水深と時間に応じたスピードで浮上する事を必ず守ようにしましょう。

2016/4/6 更新

 

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 やっぱり海がすき  All rights reserved