マリンスポーツ・ダイビングをご紹介しています

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビング時のトラブル対処2

耳のスクイーズ

耳のスクイーズと言うのは、水圧によって、耳の鼓膜が外から強い圧力で押されてそれが原因で起こる症状です。
耳の外からの圧力によって、鼓膜が内側に押されてしまうのです。これは、水中だけではなく、高い山に登った時や、トンネルに入った時にも起きます。
潜り初めて、最初は耳に少し違和感があるぐらいなのですが、そのままもぐっていると耳が痛くなってきます。
それでも潜っていると、鼓膜が破けてしまうのです。
これを防ぐ為に、耳抜きをするのです。
ダイビングをする場合に必ず始めに習う物です。耳抜きは、耳に違和感が出たらすぐにするようにしましょう。
やり方としては、鼻をつまんで、鼻から息を出すようにします。すると、耳の奥で小さな音が鳴り、耳の違和感がなくなります。
この違和感が無くなったら耳抜きは成功と言う事になります。耳抜きは違和感がなくならないと成功と言えないので、必ず無くなるまで行います。
なくなれば、また潜る事が出来ます。
また、耳抜きは、潜っている時に、違和感が出るたびに行います。

マスクが大変な事に

マスクで結構ある物が、曇ってしまう事です。マスクが曇ると周りが見えなくなりますよね。すると焦ってしまって、さらに不安になってしまいます。
本当でしたら、ダイビングをする前に曇り止めなどを塗っておくと予防する事ができるのでオススメなのですが、もし、ダイビングの途中で曇ってしまったら、マスクを少しだけ開けて、水を中に入れます。そして、顔を下に向けて、中の水をクルクルまわして、曇りを取ってしまいましょう。
もし、それでも曇りが取れないようでしたら、海藻で拭くと曇りが取れます。

他にも、マスクのトラブルはあります。
例えば、他のダイバーの足がマスクに当たって、マスクが取れてしまう事です。また、取れなくてもずれてしまう事もあります。
そんな時は、慌てずに落ち着きましょう。マスクが無くても命に別状はありません。
とりあえず、息は出来ますので大丈夫です。
落ち着いたらマスクを付け直します。
そして、マスククリアをして、中の水を外に出していきます。
落ち着いて、ゆっくりと行って下さい。そうすれば、また普通にマスクとして使用する事が出来るようになりましたね。

まとめ

水中でのトラブルは陸でのトラブルよりも焦ってしまいがちですが、なるべく落ち着くようにしましょう。
小さなトラブルが大きなトラブルにならないように、しっかりと、トラブルの対処法を日頃から確認しておくといいかと思います。

注目サイト

Riders' Bible
http://www.0752hzyx.com/
フィギュアケース
http://www.topcreate.jp/collection/

Last update:2016/1/6

 

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 やっぱり海がすき  All rights reserved