マリンスポーツ・ダイビングをご紹介しています

ヤッパリ海がすき・マリンスポーツ・ダイビング

ダイビングをする時に注意する事

ダイビングと言うのは日頃の生活とは違う水の中での行動となりますので、ちょっと油断しただけで大きな事故になってしまう事もあります。
このような事故を未然に防ぎ、楽しく、安全にダイビングをする為にも、日頃からダイビングの危険についてもきちんと理解をしておかないといけません。
ダイビングでは、自分の身は自分で守らないといけないのです。では、どのような事に注意をすればいいのかを解説していきたいと思います。

海に潜る前に激しい呼吸や深呼吸はしないでね

ダイビングをする前に陸で深呼吸をしたり、激しい呼吸をしてしまうと体の中の二酸化炭素が沢山体の外に出て行ってしまいます。この二酸化炭素が沢山外に出て行ってしまうと、脳が呼吸をしなさいと言う命令を出さなくなってしまいます。そうなると、苦しいと感じる前に、意識を失ってしまう事があります。
ですので、ダイビングの前に深呼吸や、激しい呼吸をするのはダメです。

お腹一杯の時は潜らない

お腹が一杯つまり、胃袋に沢山物が入っている状態になると、胃が横隔膜を上に押し上げてしまいます。
そうなると、肺とか、心臓を圧迫する事になります。その状態で潜ってしまうと、血液の流れが悪くなって、脳に十分に血液を送る事が出来なくなってしまいます。すると、意識障害を起こしてしまう可能性が高くなるのです。さらに、食べ物を消化する為には、酸素を沢山使いますので、その分酸素の消費が多くなってしまいます。
ですので、食後2時間は休憩を取るようにして、ダイビングを楽しむようにしましょう。

体調が悪い時や、気分が悪い時は海に入らない

水中は陸以上に体の至る所に負担がかかります。この負担のせいで貧血になったり、めまいを起こしてしまう事もあります。お酒を飲んだ後はもちろん、二日酔いになっている時や、気分が悪い場合でも海に入る事は避けた方がいいでしょう。ダイビングスポットで有名な奄美大島にはおいしいお酒も沢山あるので、つい焼酎や泡盛など飲み過ぎてしまうこともあるでしょうが、家族でいってお父さんだけ見学にならないように気をつけましょう。
体調が悪い時に、ダイビングをするのは、自分で海に体を悪くしに行くようなものです。
また、空腹の時にもダイビングは控えるようにしましょう。空腹の時と言うのは血糖値が下がっています。その為貧血になったり、めまいを起こしてしまう可能性があるのです。
もし、陸ではなんともなくても、耳抜きが出来ない場合も体調が関係しますので、陸に上がるようにしましょう。

潜った時の水圧と耳抜き

海に潜ったら水圧がかかりますよね。この水圧に一番敏感に反応するのが耳です。ちょっと潜ると耳に違和感が出てきます。それ以上潜ると、耳が痛くなってきます。
これを防ぐ為に耳抜きを行います。
耳抜きはダイビングにとってとても重要な作業ですので、マスターして下さい。
そして、耳抜きはダイビングの途中何度も行います。耳に違和感が出るたびに行うようにするのです。
そうしないと、鼓膜が破けてしまう事もあります。

天気にも気を付けろ

ダイビングは海(自然)が相手ですので、天候には気を付けないといけません。
ダイビングを行うのに一番適している天候は、晴れていて・風が弱くて・波も穏やかな日が一番いいと言われているのです。
もし、風が強いと、風に流されてしまう事もありますし、波が高い日だと、自分が今どんな状態なのかも分からないくらいもまれてしまいます。こんな日はダイビングをする日ではありません。
波は、水面でしか影響がないと思われている方もいるのですが、それは間違いです。
たしかに、水面よりかは波の影響はないかもしれませんが、それでも、波の高さの半分の水深までは波の影響があるのです。
深く潜る場合には、水中では波の影響が全くない場合もありますが、それでもダイビングが終わったら必ず水面に上がりますので、その時に、波に流されてしまう可能性もあります。
やはり、荒れている日はダイビングはやらないようにしたほうがいいでしょう。

注目サイト

就職祝い ギフト
http://giftnet.com/tck/lp/nyugaku.php

最終更新日:2015/7/17

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 やっぱり海がすき  All rights reserved